読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

MCG(ミュージックコミックゲーム)

音楽、漫画、ゲームをテーマに✌︎

金城宗幸作品 神様の言うとおり

どうもTOXiCです!

どうしよう!どうしましょう!どうしたらいいんですか?

先月、神さまの言うとおりが堂々の完結…

そして先週僕たちがやりましたが突然の終了…

更にはビリオンドッグズまでも次回で最終回… 

どうやって生きていけばいいんですか?

月曜ヤンマガ、水曜マガジン、日曜アプリでマンガボックスにて金城先生の漫画を楽しみにしていたのに、もうダメだ1週間乗り切れない。サンデーマンデーチューズDEAD

f:id:toxic23:20170130121155j:image

金城宗幸様は、先ほど述べた3作の漫画原作者です!他にも、ドラゴンコレクションのコミカライズ、インビシブル・ジョーも担当しています。

金城先生の作る漫画本当に面白くて、ネーム型の原作者さんみたいで、キャラがしっかりしてるし、話ごとの展開、切り方、コマ割り、どれをとっても見せ方が凄すぎる。

特に神さまの言うとおり、僕たちがやりました、ビリオンドッグズは漫画家さんとのタッグが素晴らしく、毎週楽しみにしていました!

 完結しましたので、是非読んでほしい作品なので、ネタバレ無しで簡単にご紹介させていただきます!

 

神様の言うとおり(壱5巻、弐20巻~)

平穏な日常に退屈していたごく普通のありふれた高校生、高畑 瞬。いつもと同じように退屈な日々を過ごしていたそんなある日、突然目の前に謎のだるまが現れる。f:id:toxic23:20170130194050j:image

クラスメイトを殺ろしていくだるまをただ見つめる。だるまさんがころんだと気づいた高畑 瞬はクラスメイトと共にゲームをクリアする。しかし、生き残ったのは瞬ただ一人だった。体育館に誘導される瞬、神による選別はまだ序章に過ぎなかった。f:id:toxic23:20170130194909j:image

藤村先生とのタッグ作品のホラーサバイバル漫画です。一部と二部に分かれており 壱全5巻、弐全20巻~まで発売されています。2014年には実写化もされています(出来は正直アレですww)ポイントに分けてこの漫画の見所を紹介していきます。

キャラが個性的

キャラクターが一人一人個性的です!どうでもいいモブキャラでさえ、藤村先生のキャラデザインと、金城先生のギャグセンスでキャラが映えます!生きるか死ぬかの中でのシリアスな笑いが癖になります(笑)ただキャラが増え過ぎて飽和してる、個性が強過ぎて軸がブレブレな気もします…笑

そしてキャラが(主人公含む)バタバタ死ぬ。

この漫画、本当に命の重さに対して死が軽い。「えっお前死ぬん⁈」ってよく思いますwwメインキャラも含めガンガン死んでいきます(笑)こんなに選手交替が激しいのに、キャラの死が重く感じるのはすごいと思います!その分退場したキャラを忘れがち…笑

並行して裏で行われるもうひとつの選別

神さまの言うとおりは二部制になっています。壱は神まろによって全国の高校生が、立方体に集められ死のゲームによる選別を行なうのですが、弐は選別に行かなかった不登校生徒たちが、ゴミ箱で選別されるというストーリーになってます。一部で出てきたキャラが、弐で共演する胸熱な展開になってます。マガジンで連載していた弐がメインになるのですが、壱のキャラクターが歴戦の勇者のように思えるのがたまらないです!

 

てな感じで個人的に注目なポイントを紹介させていただきました!わくわくしながらページをめくる、毎週楽しませてくれる漫画でした!思ったより長くなってしまいましたので残り2作品はまたの機会にご紹介させていただきます!ほなまた✌︎

AIRSWELL SIXKILLS

どうもこんにちはTOXiCです!ブログ1発目は、僕の大好きなバンドAIRSWELLの新譜 「SIX KILLS」がリリースされたので、紹介も兼ねてレビューしていきたいとオモイマス!!

 

AIRSWELLは四国出身のスリーピースロックバンドです。UKロックを彷彿とさせるアグレッシブサウンドとストレートな歌詞で、ジャンルに囚われない音楽を作る3ピースバンドです!

昨年ベースのTaisukeさんが脱退、あらたにhiromitsuさんが加入し、よりヘヴィ且つメロディックなバンドに。そんなAIRSWELLが約2年ぶりにリリースするミニアルバム

〝SIX KILLS〟

がリリースされました!待ってました楽しみすぎる✌︎さくっと聞いた感じど素人がレビューしていきます。 

1.Thd government knows best

 AIRSWELLは必ずアルバムの1発目にとんでもない起爆剤を仕込んできます(笑)ピアノ音から始まり、ゴリゴリのサウンドに打ち込み音ビートがマッチしてまさにキラーチューン。

2.Big Bad Wolf

またとんでもないライブキッズを殺す曲。ギターも歪みまくりで、ベースもゴリゴリなのにキャッチーなメロディ、疾走感があってライブ映えしそうな印象。サビのoh-oh-oh-oh-ohは是非ライブで叫びたい。

3.ヘイミスターエンプティ

もう最高ですわ…冒頭で貼った動画の曲です‼︎これぞAIRSWELL‼︎自分も高校生の時、洋楽以外クソダセェ◯ねって思っていたので、すごく心に響きます。あーだこーだ言ってすぐバカにしてるけど、テメエは何もしてねえ。

4.Downtown Walker

個人的にこのアルバムで1番好きな曲です。アコースティックの静かな曲調なのにサビはしっかり盛り上がる、後半ベースラインもグッときます。「All Read Tracks」のThe Beautifulのようなオシャレさもあり、この歌詞を美しく歌うってのが素晴らしい(笑)Ah〜fuck

5.アンチスモーカーズレクイエム

喫煙者のためのミサです(笑)やりたい曲やれてる感じ出てていいですww3曲目もそうですが、hiromitsuさんのボーカルがいい味を出してます‼︎見た目ニッキーシックスにしか見えないのに(笑)

6.Current of Time

最後を締めくくるのに相応しい一曲!「MY CYLINDERs」MINSのような盛り上がるためだけに作られたような激しい一曲。本当にベース音がバッキバキで聞いていて心地いい。俺だ!俺だ!って主張してる感じ(笑)オレたちの戦いはまだ続く…感が出てすごくイイです。

 

という感じで、最初から最後まで楽しめる素晴らしいアルバムでした!SIX  KILLSは6曲のキラーチューンという意味らしいです!まさにタイトル回収(笑)AIR SWELLのアルバムは捨て曲が無く、聞くほど病みつきになるスルメのようなバンドです!春から全国ツアーも行なうみたいなので、ライブ好きは是非!自分も行きます ところで今作のジャケット

f:id:toxic23:20170130113456j:image

マンウィズかな?ガゥガゥ…笑

 余談ですが、AIRSWELLのジャケはテーマがあって面白いです。

f:id:toxic23:20170130114032j:imagef:id:toxic23:20170130114042j:imagef:id:toxic23:20170130114047j:imagef:id:toxic23:20170130114054j:image

そして今作左上モニターに注目。気づきましたか?(笑)ほなまた✌︎

そうだ、ブログやろう。

こんにちはこんばんははじめまして

TOXiC(トキシック)と申します!おはようございます!この度ブログを開設致しました!

M(ミュージック)C(コミック)G(ゲーム)

をテーマにゆる〜くやっていこうと思います✌︎

 

ブログ自体初めてなので、不慣れな点が多い(さっそくアイキャッチの設定がわからないw)ですが、趣味をなんらかの形に残そうと思いドド素人の知識でブログを始めました!

主に感想、レビューブログになると思いますが、別サイトにてもイラスト書いたり、ドラム叩いたり、友人とゲーム実況もチャレンジしてみようと思ってます(笑)

 

完全に自己満足ですが、少しでも興味を持っていただき、もし何かの参考にでもなれば、それほど幸せな事はないです☻

さっそく次回、Musicからやってきたいと思います!ほなまた✌︎